親日である

親日国と聞いて思い浮かべる国は、台湾、トルコ、タイなどですが、最も親日的な国はインドネシアだと言う事はあまり知られてません。
インドネシアは他の国に対して厳しい評価をする傾向があることを加味すると、世界一の親日国と思われます。
では、インドネシアはなぜこれほど親日なのでしょうか?

インドネシアが親日である理由は3つあると考えられます。

1.日本製品が浸透している
車、バイク、家電、アニメ、漫画、アイドル(JKT48)など、インドネシアで日本製のものを見かけない日はありません。
モールは日本食レストランばかり、ジャカルタにも多くの日本人がいます。
アニメは特にクレヨンしんちゃんとドラえもんが大人気です!

2.歴史的背景
インドネシアは第二次世界大戦での日本敗戦後、独立宣言をしますが、オランダは再びインドネシアを植民地化しようと侵略してきました。これがインドネシア独立戦争です。
その時にインドネシア軍側に協力したのが、敗戦時に現地にいた3000人を超える日本人です。
日本人兵はインドネシア軍に戦い方を教え最前線に立って戦い1078人の人が命を落としました。
最終的に、1949年12月にインドネシア連邦共和国成立、1950年8月にインドネシア共和国成立(連邦が合流)と言う流れになるわけです。
そして、日本はインドネシア独立後もインドネシアのインフラの整備の支援もしました。

3.スカルノ大統領
インドネシア人が日本を好きな最大の理由はスカルノ大統領が戦後も日本愛を発信し続けた事でしょう。
日本が独立運動や経済発展に協力しても、その功績を広める人がいなければ親日にはなりません。
スカルノ大統領は日本統治時代からインドネシアの独立戦争を通して大の日本好きになりました。
スカルノ大統領は、日本人が知らないような歴史や年号からあらゆることを暗記する大の親日家です。
彼の夢として、日本人を妻にしたい気持ちがあり、デヴィ夫人と結婚しました。

こういった背景より親日国としてメジャーなインドネシア
日本での就労意欲も大変高く、仕事においても力強い味方です。

関連記事

  1. 優しい性格

  2. 勤勉で真面目な国民性

  3. 世界4位の人口

  4. 日本語教育の基盤がある

  5. 平均年齢が28才

お気軽にお問い合わせください。03-6890-7726受付時間 10:00-18:00
[ 土・日・祝日除く ]

PAGE TOP